登呂遺跡出土品 重要文化財指定記念

とろエンナーレ2016【公式】

会期:2016年11月12日(土)~11月27日(日) 入場無料

古代の跡、現代のアート

TOROENNALE2016

前代未聞!弥生時代といまの生活文化をテーマにアーティストたちが復元住居や祭殿内をアート化!

平成28年、登呂遺跡からの出土品775点が重要文化財に指定されました。これを機に、「登呂遺跡」が非常に重要な文化財であることを改めて全国に広く発信するために、特別展およびシンポジウムとあわせ、記念イベント「とろエンナーレ2016」を開催します。

弥生時代の復元住居を作品展示会場とする斬新な試みにより、「アート」をキーワードに、登呂遺跡の新たなイメージを発信します。これまで登呂遺跡にあまりなじみのなかった若い世代をはじめ、市内外の幅広い年代の皆さまにもお楽しみいただけます。

登呂遺跡にアートが出現!

古代-現代-そして未来へ。

展示「くらしの輪郭 Now & Then」

11月12日(土)~11月27日(日)
9:00~16:30

復元住居や祭殿内がアートに!現代と弥生時代の生活文化の違いから“くらしの豊かさ”に思いをめぐらす展覧会。

場所:特別史跡 登呂遺跡内 [祭殿・1号住居・2号住居・メモリアル広場(住居)・登呂博物館1F(情報・映像コーナー)]

※登呂博物館の作品は、博物館休館日〔11月14日(月)・21日(月)・24日(木)〕にはご覧いただけません。

キュレーション
鈴木一郎太 [(株)大と小とレフ]

プロフィール
株式会社大と小とレフ取締役。静岡県浜松市生まれ。イギリスで10年ほどアーティストとして活動後、NPO法人クリエイティブサポートレッツにて、アーティストの深澤孝史と起草した「たけし文化センター」事業の様々な分野と連携した企画を主に担当。2013年、建築設計から企画、必要に応じてハードとソフトを連動させて扱う会社を、建築家の大東翼とともに設立。コミュニティスペース運営、建築設計、研究事業企画マネジメント、展覧会やトークイベントの企画運営、演劇作品制作、冊子の編集などを行ってきた。現在、静岡県のオリンピック・パラリンピック文化プログラムのコーディネーターもつとめる。

TOROENNALE2016

オープニングイベント11月12日(土)・13日(日)9:00~16:30

※11月12日(土)9:00~オープニングセレモニー

アート体験ワークショップ

場所:登呂博物館1F交流ホール 他※受付は当日先着順となります。

12日(sat)

ファッション図工シリーズ「クラッカーを鳴らして、アクセサリーを作ろう」

静かな博物館でクラッカーを鳴らそう。出てきたクシュクシュを使ってファッションアクセサリーを作ろう。

  • 講 師:江渕未帆
  • 時 間:10:00~12:00/13:30~16:00 (所要時間約15分)
  • 参加費:200円
  • 対 象:どなたでも(随時参加可)
  • 定 員:10名
  • 持ち物:お菓子などの紙の空き箱

講師プロフィール:こんにちは、ぶっちです。ふだん、ふつうにスーパーマーケットなどで働いている私は、ふつうにアクセサリーやジュエリーを作ったりするんですよ。それから、ふつうに即興で音楽したりもします。作っているジュエリーというのが、日用品や廃材を使うことがふつうに多いです。音楽のときも、ごはんを食べたりお酒を飲みながら、ふつうにお茶椀やグラスを叩いて小さな音を鳴らしたりします。

「もし2000年前のトロ村にいたら、どんな家に住みたい?」

登呂遺跡にある復元住居は、現代人が土にのこされた柱の跡や出土品から想像したものです。もし2000年前にここで暮らすことになったとしたら、あなたならどんな家を建てますか?想像を巡らせ、小枝など自然素材を使って粘土の土台の上に家の模型をつくります。できあがった作品は、とろエンナーレ期間中、博物館1Fに展示する予定です。

  • 講 師:本原令子(陶芸家、アートロ代表)
  • 時 間:13:00~16:00
  • 参加費:500円
  • 対 象:小学校高学年(親子参加)からどなたでも
  • 定 員:15組
  • 持ち物:軍手、はさみ、カッターナイフ

講師プロフィール:陶芸家。2012年より「土は地球からのギフト。」をテーマに、田んぼの土から土器を作り、同じ田んぼで稲を育て、秋に収穫した米を土器で煮炊きして食べる連続講座ARTORO「土がぼくらにくれたもの」を企画監修/現代表。英国王立美術大学院修了。2012年度静岡県文化奨励賞受賞。

こちらのワークショップのみ事前予約可能

連絡先:(株)SBSプロモーション
TEL:054-260-6911/E-mail:toroennale@sbs-promotion.co.jp
※「トロ村のワークショップの件」と伝えてください。

13日(sun)

assemblaging~シルクスクリーンプリントを使ってつくるアッサンブラージュ~

参加者それぞれが不定形の布や石や木材などに幾何学模様をプリント(シルクスクリ-ンプリント)していきます。制作したいくつかの中から選んだひとつを箱の中へコラージュします。持ち込んだ物へのプリントはご遠慮ください。できあがった作品は、とろエンナーレ期間中、博物館1Fに展示する予定です。

  • 講 師:BOBho‐ho
  • 時 間:10:00~12:00/13:00~16:00
  • 参加費:300円
  • 対 象:どなたでも(随時参加可)
  • 定 員:20名
    (※汚れてもいい服装でおこしください)

講師プロフィール:わたしたちのプリントメイキングする現場は感覚的なワークショップによって生まれる結晶のようなものです。つくることであらわされた物事すべてがオマージュであるように。今回の共同制作は「assemblage(アッサンブラージュ)」。出来上がる過程そのものがひとつのワークです。ウエダトモミとホシノマサハルによるプリントTYPEユニット。

「弥生時代のうたをつくろう」

登呂遺跡を見て感じたこと、知ったこと、疑問に思ったことなどを集めて、みんなで弥生時代のうたをつくろう。

  • 講 師:片岡祐介
  • 時 間:10:30~11:30/13:30~14:30 
  • 対 象:中学生以下
  • 定 員:20名
  • 場 所:屋外を予定(受付は博物館1F交流ホール)

講師プロフィール:音楽家。子どもの頃から作曲や即興演奏に興味を持ち、木琴やピアノの演奏を自己流で始め、東京音楽大学で打楽器を学ぶ。映画やコマーシャル音楽での経験を積んだ後、97年から2000年まで、岐阜県音楽療法研究所にて研究員として勤務し、障害児者との演奏共演を多数行う。マリンバのソロコンサートなど、ジャンルに拘らない演奏活動の他、音楽療法士のための実践的な講座や、幼児から高齢者まで幅広い人を対象に即興演奏のワークショップも行っている。おとぼけキャラで、おどり好き。

古代と現代行ったり来たりガイドツアー

復元住居のアート作品と博物館特別展をプロが解説!

  • 場所:作品展示住居、登呂博物館
  • 講師:鈴木一郎太[(株)大と小とレフ/展示キュレーション担当]、登呂博物館学芸員
  • 時間:11:00~/14:00~ 各50分程度
  • 定員:20名程度(当日先着順)
  • 参加費:特別展「弥生×登呂」観覧料
    [一般400円/高・大学生260円/小・中学生60円]

積みわらをつくろう!

モネも描いた「積みわら」をみんなで完成させよう!

  • 場所:学びの広場
  • 日時:12日(土)9:20~ 完成次第終了

土器炊飯試食

  • 場所:登呂遺跡内
  • 時間:10:00~11:45(11時頃~試食実施)

火起こし体験

  • 場所:登呂遺跡内
  • 時間:9:30~11:30/13:15~15:00

登呂マルシェ

オーガニックフードや天然素材雑貨のお店などがいろいろ。

  • 場所:学びの広場
  • 時間:9:00~16:30

登呂マルシェ 出店者一覧

天然酵母ぱん nature
天然酵母パン 等
SPICE6
チキンカマージ・チャパティロール・キーマカリーのチーズロースト・フライドポテト 等
おでんおがわ
しずおかおでん 等
モグ食堂
ライスバーガー桜えびとホタテのかき揚げ・復興支援フード 等
ええなみ
スパイス焼きそば 等
セティボン?
焼き菓子 等
ganmo.バーガー(*1)
がんもバーガー・グリルドポテト・豆腐どらやき 等
かしママの手作りピクルス(*1)
手作りピクルス 等
和ピクルス専門店 こうのもの(*1)
和ピクルス 等
JA静岡市 長田唐芋部会(*1)
長田唐芋コロッケ 等
CAPU(*2)
オーガニックカレー 等
テキーラダイナー(*2)
牛ホホ肉のアイリッシュシチュー・自家製プルドポークのホットサンド・骨付きスモークチキン 等
テーボム(*2)
フェアトレード商品
  • *1:12日のみ
  • *2:13日のみ

●期間中に登呂博物館と芹沢銈介美術館の共通券をご購入の方に、両館オリジナルグッズをプレゼント(先着順)

●「めぐるりアート静岡」JR東静岡駅北口「アート&スポーツ/ヒロバ」会場と「とろエンナーレ2016」会場(登呂博物館)、2ヶ所のスタンプを押して登呂博物館1階 図書コーナーにお持ちいただくと景品プレゼント

※先着順。限定数に達した時点で配布を終了させていただきます。

※登呂博物館休館日[11月14日(月)・21日(月)・24日(木)]には交換できません。

エコバッグ

登呂遺跡出土品 重要文化財指定記念

特別展 「弥生×登呂」

9月17日(土)~11月27日(日)
9:00~16:30

会 場
登呂博物館 2F特別・企画展示室
観覧料
一般400円(290円)/高・大学生260円(190円)/小・中学生60円(50円)※()内は、30名以上の団体料金
休館日
月曜日(祝日の場合は除く)、祝日の翌日

シンポジウム

「遺跡からみる 弥生集落のかたち」

11月19日(土)
10:00~16:15(聴講無料)

会  場
しずぎんホール ユーフォニア(静岡市葵区追手町)
記念講演
講師 大塚初重(明治大学名誉教授)
基調報告・討論
コーディネーター
篠原和大(静岡大学教授)
パネリスト
  • 原田 幹(愛知県教育委員会)
  • 藤田三郎(奈良県田原本町教育委員会)
  • 渋谷 格(佐賀県教育委員会)
  • 伊藤寿夫(静岡市立登呂博物館館長)
申込先
静岡市コールセンター
TEL 054-200‐4894

交通案内

バス

JR静岡駅南口バスターミナル 22番線より「登呂遺跡」行き、終点下車 所要時間約10分。「東大谷」行き・「久能山下」行き、「登呂入口」下車 徒歩5分

タクシー

JR静岡駅南口より、所要時間約10分

東名高速・静岡インターを出て右折(北進)SBS通りを東進し、石田街道との交差点を右折(南進)して、 東名高速ガード下の標示に従って有料駐車場へ

※駐車場(有料約50台)は台数に限りがあります。できるだけ公共交通機関をご利用ください。